キュッキュッとしたハリのある絹地に、全通柄のお品は大変締めやすく、お太子を出しやすく大変重宝いたします。

「紹巴織」とは、地をつくる経糸と柄をあやなす経糸の二重経で織り上げられる技法。

その組織の裂(きれ)をあの千利休の弟子、 里村紹巴が愛用したことからこの名前がつけられました。

エンジ系を主体に遠山が織られております、落ち着いた色あいの帯です。

また、金銀彩を使用しておりませんので、お茶席にもお使い頂けます。


千葉県内ニュース


【待望★】 【山喜織物 袋帯◎絹100%*送料無料 萬葉 紹巴萬葉】◎光悦-帯

【待望★】 【山喜織物 袋帯◎絹100%*送料無料 萬葉 紹巴萬葉】◎光悦-帯